口に出して練習することが大切です

語学留学でいきなり英語と接するのではなくて、それまでにどれだけ準備するかが語学留学で成功するカギだと思います

そこで今回は日本での準備として口に出して練習についてお伝えします。

現地でかなり効果的に英会話を上達させるための日本での勉強法、英語を声に出して練習することについてお伝えします。

実は、英語を学習している人にとって、一番不足しているというのが、この英語を口から声に出して練習するということです。

英語を読んだり、単語の意味を調べたり、聞くことは比較的時間をかけてやるのですが、さて実際に口を動かして練習するのはどれくらいの時間でしょうか?

やっぱり恥ずかしがり屋の民族なんでしょうかね??

英文を2、3回言ったぐらいではまだまだ意味がありません。
本当に英会話ができるようになりたいと思うのなら、口の筋肉をとにかく動かすことが大切なことのひとつです。

口から出す練習をするときは、必ず見本になるような音声を用意することが必要です。
モデル音声を聴かないで、音読するのは絶対辞めてくださいね。
カタカナ英語など自己流の英語が身についている人は、いったんそれを忘れなければいけません。

本当に何の効果も得られません。

練習するのは少しずつでいいので口から出す練習のやり方は、まずテキストとモデル音声のCDなどを用意してください。

はじめに、英文と日本語文を両方読みましょう。そして練習する内容を簡単に頭に入れておきましょう。

そして、ワンセンテンスを流したら止めます。この段階では、テキストは見ないようにしてくださいね。

そのセンテンスを繰り返して言ってみてください。
スムーズに言えたらOKですが、繰り返せなかったらテキストを見て確認してください。

そして、何度も口から出して練習してください。
このとき、イントネーションとリズムを注意して聴いて、忠実に真似することが大切です。

このように、ワンセンテンスを繰り返して練習し、最後には、全体を音読してみてください。

このときに、頭の中でモデル音声が流れてくるようだったら、完璧です。
モデル音声をしっかり聴き込んだ証拠です。

この地道な練習をどれだけしたかで、きっと英会話は上達していきます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。