語学留学までに英会話を効果的に上達させよう

語学留学でいきなり英語と接するのではなくて、それまでにどれだけ準備するかが語学留学で成功するカギだと思います

英語を話したい、そのために教材を使って猛勉強をしたし、英会話スクールにも通ったのに結局ペラペラにはならなかった・・・と言う人は、多いかもしれません。

もちろん、教材を使うのも、英会話スクールに通うことも、とっても勉強になると思います。でも英語を話せるようになる、もっとも上達するオススメ方法は、「とにかく使う」ことなのです。
英語は、使っていかないと進歩しません。

わたしたち日本人は、今までの勉強方法に関係してきますが比較的リーディングが得意です。

具体的に言うと、英語の授業や受験勉強などで、英語を読む時間が多く、文法を得意としていて、これも文法の知識や問題と、多くの時間をかけているからになります。

逆に、ライティングはあまり接することがなく、リスニングと同じように苦手という人が多いようですね。

わたしたち日本人の多くは、得意分野と不得意分野が学生時代から分かれている傾向にあります。これは、ただ、その分野に接している時間に関係しているはずです。

長く接している分野ほど得意で、逆に、あまり接していない分野ほど不得意となっているようです。
これは当たり前のことで、多くの時間をかければ、苦手なものでも必ず上達しますし、逆に、時間をかけなければ、そのまま伸びることはないでしょう。

ですから、英語を本当に話せるようになりたいのなら、話す場面を多くつくることです。
そして、そこで思いっきり話すのがコツです。時間をかけるとはこういうことです。

英会話スクールで、先生ととことん話すのもいいですし、日本人の友達とでも、英語だけを使って話すのも効果的、とにかく自分で話す機会を持って、恥ずかしがらずに思いっきり話すと上達する速度も急激に加速すると思いますよ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。