語学留学前にスピーキングの勉強法などいかがですか


語学留学でいきなり英語と接するのではなくて、それまでにどれだけ準備するかが語学留学で成功するカギだと思います

そこで今回は英会話を学ぶ中で、スピーキングの上達法を紹介します。
あなたのレベルによって勉強方法が異なりますので、あなたに合ったレベルで見てみてくださいね。

まず、初級レベルでは、英語を口に出して慣れることを目標としましょう。
読むときは、声に出すことが大事です。

この段階では、間違っているかどうかなんて、気にしなくても大丈夫です。
毎日読む習慣をつけることが大事です。

本当に文法が間違っていようが、言い間違いをしようが関係ありません。とにかく声に出して話をすることが重要です。

また、早い段階で発音を身につけることも大切です。
せっかく話せるようになっても、間違った発音で覚えてしまうと、ネイティブの人には伝わりません。

この段階では、発音しにくい単語は無理に覚えなくても大丈夫です。
自分が取り組みやすい単語、故由美のある分野の単語から始めてください。


もしあなたが中級レベルであれば、長い文も読むように挑戦してみてください。
また、相手が聴き取りやすくなるように意識して、音やリズムに強弱をつけて発音してみましょう。

このレベルなら、英語で自分の考えを表現できるようにどんどん練習してもいいと思います。

ぜひ、スピーキングも大切です。ご紹介した勉強方法を参考に頑張ってくださいね。

語学留学してみませんか

語学留学先の語学学校は、2種類に分かれます。

1つは、大学付属の語学学校です。

一般的には大学進学希望者が通うところなのですが、一般的な英語も学べるようになっています。もともと大学に入ってから授業についていくための英語力を養うことを目的としているので、授業レベルが高いのが特徴です。

ただ、大学の施設が使用できて、イベントにも参加でき、キャンパスライフを楽しめるというメリットは大きいですね。大学生と一緒の寮にはいることも許されますので、同じ大学生としてのキャンパスライフも十分に楽します。

もう1つは、私立の語学学校です。私立の場合は、その学校その学校で特徴が様々に分かれます。
もちろん語学習得の目的は同じなのですが、文法からきっちりと取得していく学校、そんなことより、とにかく話せることがまず第一の目標だったりとか・・・・。

そこを踏まえて自分に合った学校選ぶことが最重要課題になります。

また私立の場合には、初心者コースから上級者コースまで多様なコース設定があるのが特徴です。

また、私立学校の最大のメリットはコースの期間や、入学時期を自分で選べるという点にあります。
忙しい人や、予算が限られている人におすすめですね。

語学留学の期間は本当に様々で、1〜2週間のものや1ヶ月のもの、半年とか1〜2年のコースもあります。目的や予算によって選ぶことが出来ますので、まずは情報を集めることから始めてみましょう。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。